• 散骨のメリットについて

    • 少子高齢化、核家族化などによってお墓の在り方への考え方に変化が出てきています。



      お墓の種類の中でも近年人気が上がっているのが散骨です。この方法は遺骨を灰にして、決められた野山に撒く方法と海に撒く方法があります。

      オンリーワンのビジネスジャーナル情報のことならお任せください。

      お墓の継承者がいない、子や孫に自分の死後の負担をかけたくない、決められたお墓に入りたくない、寺院や霊園とのお付き合いが面倒などの理由からこの散骨を選ぶ方が増えているのです。
      そして、共通する思いとして、自然に還って永遠の眠りにつきたいという地球に生きてきた生物の一人として、自然回帰を願ってのことなのです。四季折々の自然の中での野山への遺灰を撒くことは、そこに眠ることでロマンを感じ、エコにもなることで、自然と共に地球上に生きてきたお礼にもなります。また、海への散骨は世界中に広がる海は、どこで海を見ても自分の存在を遺族に感じてもらえることも魅力の一つであり、その後の管理がいらないことも大きなメリットになります。そして、墓石のあるお墓にはそれを購入する資金、維持管理にかかる費用がとても大きなものになりますが、その費用も安くて済むことも良い点です。
      海への遺灰を撒く方法は、例え遺族が行けない状況の時にも代行してもらえるプランがあったり、逆に大きなお別れのセレモニーを船上で行えるプラン、他の遺族との合同での散骨など様々なプランから自分たちで選べる良さもあります。



      現代の考え方に合っている散骨は今後更に人気が出るはずです。


  • 予備知識

    • 散骨のメリットとデメリット

      散骨は、海外では宗教の教義や自然回帰など個人の意思に基づいて日常的に行われ、公道以外なら何処でも散布可能なヨーロッパの国や聖なる川への散布を至上の喜びとする信者もいます。日本では、墓地、埋葬等に関する法律や刑法第190条死体遺棄罪、第191条墳墓発掘遺体遺棄罪、感染症法第30条などの解釈により長い間行われていませんでしたが、法律制定時には散骨は想定外事や1991年の葬送の自由を進める会が強行した海洋葬が契機となり、葬送を目的に節度を持って行う限り違法では無いとされ、インターネット上にも多くの業者が存在し日本全国で行われています。...

  • 意外な真実

    • 神奈川には海に散骨をしてくれる業者があります

      神奈川県には、海へお骨を撒く「海洋散骨」をしている業者があります。故人様の意思により「海で眠りたい」と願われる方、ご家族の意向で「広大な海に眠らせてあげたい」と言う方に「海洋散骨」はとてもおすすめの葬儀です。...

  • 耳より情報・いまどきの社会

    • 散骨は現在の経済状況の賜物です

      散骨は、無宗教国家故に不定期的に生じて来た宗教観や死生観、墓制に対する民衆の認識の変化の一端とも言え、538年の仏教伝来後の火葬や840年の淳和天皇の散骨、江戸時代以降の檀家制度の確立以降の墓制など実際に生じた民衆の認識の変化と同様に考えられています。現在は、バブル経済の崩壊後続く経済不況に起因する宗教的思想よりも経済的問題の解決を優先する風潮や人の死をビジネス化する葬式仏教に対する不信などにより、子世代や孫世代に迷惑を掛けたくない都市部の高齢者を中心に増加しています。...

    • 急増する散骨の対する法律と条例

      散骨は、現在の経済環境が生み出した新しい葬送方法であり、現在のニーズに最も適した葬送方法です。散骨は、墓地、埋葬に関する法律の第4条の埋葬又は焼骨の埋蔵は墓地以外の区域にこれを行つてはならない。...